*

柳楽優弥クローズ かっこいい!目が変わったのやせたから?整形か!

公開日: : 芸能(イケメン)


クローズでの柳楽優弥さんのキャラクター、目力がかなり評判よいですよね。

こんなんクラスにいたら学校いきたくねぇわw

20140413005959

前作のクローズZEROの山田孝之さんの目もやばかったけど、柳楽さんもなかなかすごいオーラで対抗してます。

そんな二人が映画『闇金ウシジマくんpart2』で初バトルということでそちらも注目ですw

<スポンサーリンク>

これまでの柳楽さん見た目の変化が結構話題になってますのでさかのぼってみてみましょう。

yagira5

A0001161-02

A0002004-00 ae0d20ab

2009年頃の柳楽さん

当時の体重82kgだそうです(笑)

 

身長は174cm公表ですが、もう少し実際は低いんじゃないかと言われてますから太っちょではないとはいえ、ぽっちゃりといえます。

 

これにはわけがあって、当時の柳楽さんは慕っていた『押尾学』の逮捕の件もあり、人間不信で精神をだいぶ病んでいて安定剤を大量に服用し急性薬物中毒で倒れ病院に運ばれた事件がありました。

 

あまり関係ないけど、彼の憧れている俳優の一人リヴァー・フェニックスという人がいまして、その彼も若くして薬関係で亡くなっています。

 

もしその時病院で目が覚めなかったらもちろん、またはぽっちゃりのままだったら今の柳楽さんはいないでしょう^^;

< スポンサーリンク >

柳楽優弥が今かっこいいのはやせたから?目を整形?

しかしこのままじゃヤバイとさすがにおもった柳楽さん・・・ダイエットを始めて2ヶ月後に25kgのダイエットに成功!

photo189_01 06b1d32854041957d9cb3946131bb75b_6

ジムにかなり通ったらしいんですけど、すごい変化ですよね。あとは食事をバナナだけにしたとか・・・猿でも辛い(笑)

 

確かに急激に痩せたら眉毛と目の間の脂肪もなくなって二重が強くなるらしいですけど、かなり目のイメージが変わった気はしますね。

ちなみにダイエット関連の記事も書いたので良かったらどうぞ^^

 

>>松の実ダイエットの記事

 

>>グレープフルーツダイエットの記事

 

でも元々子供の頃から目力はありましたし、この写真は特に目の雰囲気が違うのを選んできました(笑)

なので実際整形してるかどうかですが、僕は白だと思いますけどね。

 

ダイエットを含め柳楽さんの心を支え、さらにかっこ良くしたのは間違いなく今の奥さん『豊田エリー』でしょう。

1477461237

ちなみにこの写真は柳楽さんが撮ったもので二人が幸せなのがよく分かる良い写真ですね。

 

奥さんの支えもあり、一回大幅なダイエットに成功したことで、柳楽さんはダイエットのコツをつかんだのか、役ごとに体重を増減できるようになり、役の幅が広がったみたいです。

 

実際には「許されざる者」では10kg増やし、「クローズEXPLODE」ではさらに7kg増と調整し、直後の「ガリレオXX 内海薫最後の事件」で標準体重に戻すいう変化っぷり。

 

こういうのって体質もあるとおもうけど、一番大きなところは役者根性と言う精神の問題だと思うと、どんなダイエット法もメンタルが一番重要な気がしますね^^

 

 

<スポンサーリンク>

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

グラフィックス3
蒼井優は演技力No.1女優?わざとらしいから下手の声!ガリレオが原因?

【今日の名言】 「家族に支えられたからこそこれまでやってこれた」

グラフィックス5
キスマイの藤ヶ谷太輔が性格悪い説が浮上!性格いいエピソードも発見!

【今日の名言】 「やっと夢を掴んだが、これからが本当のスタート」

グラフィックス3
藤原竜也の性格の真相!子供っぽい一面!結婚後の変化についてww

【今日の名言】 「もう20回くらい“しのう”と思いましたよ」

グラフィックス3
豊本明長の性格w嫁についても!ドラマでの演技と東京03との違いに注目!

  【今日の名言】 「全ての起源に豊本がいる」

グラフィックス3
上川隆也のエンジェルハート実写の評価や感想!視聴率は高い?

【今日の名言】 「やる気出さないで損するのも自分」 (by

→もっと見る

PAGE TOP ↑